車買取で車の傷は修理すべきか | 車買取の常識と注意点

車買取で車の傷は修理すべきか

愛車の売却を検討した際にはやはり買取査定額がどのくらいであるのか気になりますよね。

 

少しでも高額査定をつけてもらうために出来る限りの事はやっておきたいものですが、車に傷が付いている場合にはどうしたらいいのでしょうか。

 

小さな傷であった場合にはカー用品店などで販売されているコンパウンド傷の部分を磨いてみるのがお勧めです。
放置して傷を大きくしてしまうよりコンパウンド等で磨いて目立たなくする事で問題は解決します。

 

しかし、ボディが凹んでしまっていたりした場合には先に修理に出してしまう方が査定額がアップするからとおもってしまいがちですが実はそのままの状態で車の売却をした方が殆どのケースでは良いでしょう。

 

これは買取業者の大手になる程、自社の修理工場を持っている為修理も一般の修理に掛かる費用と自社内修理を行いそのまま中古車として再販出来ますので大きくコストダウンして修理を行う事が可能です。

 

大きな傷がある車は勿論査定額に影響しますが修理に掛かる費用が査定額が上乗せされる事はありません。

 

車の車両保険に加入の際には保険で修理が行えるケースもありますので慌てて修理に出して結果的に損をして車を売却してしまう前に保険担当者や買取業者へ相談してみるのも良いでしょう。

車買取で車の傷は修理すべきか関連ページ

車買取前に車検をすべきか
車買取の常識と注意点にはどのようなポイントがあるのでしょうか。車買取前に車検をすべきか迷うかもしれませんね。査定額をあげるためには車検をしておいたほうがいいのでしょうか。自動車買取はこうして高く売る - 高額売却テクニックでは、このような常識と注意点をご紹介していきます。