車買取で車のローンが残っている時 | 車買取の常識と注意点

車買取で車のローンが残っている時

車の新車価格は高額になる為ローンで購入される方も珍しくありません。

 

車を手放したいと車の買取査定を行う際にローンがまだ残っている場合にはどのようにすれば買取を行ってもらえるのでしょうか。

 

先ず、ローンで車を購入された方については完済するまで車検証の名義は車の販売会社もしくはローン会社になっています。

 

ここだけを聞くと売却可能なのか心配になってくると思いますが現在ではほぼ問題なくローンが残っていても買い取って貰えるので安心して売却する事が出来ます。

 

通常、車を購入する際にローンを組む手続きを行って毎月支払開始とシンプルになっていますが実は所有権保留をローンを組むと同時に行っています。
ローンを完済するとこの所有権保留は解除され晴れて自分名義の車になります。

 

この所有権保留期間であるローン支払い機関に車を売却する事になる為この所有権保留を解除する事になりますが実際には殆んどが代行してもらう事が出来ます。

 

実際には買取額とローンに残高に差がない場合には完済して新たな車の購入手続きに入りますが売却額がローン残高を大きく下回る際、新たに購入する車のローンに上乗せした金額のローンを組む等で対応します。

 

ローンが残っている場合でも車を買い取ってもらう事は充分可能ですので売却をお考えの方は担当者に相談してみましょう。

車買取の常識と注意点記事一覧

車買取前に車検をすべきか

長年使用してきた愛車の車検が切れが迫るのを機に車検切れとなる前に車の売却を行うべきか、それとも車検を通して車の買取を行ってもらうべきか買取査定額を考えると大きく悩むところではないでしょうか。実際、車検のある車と車検着れの近づいている車では査定額が同じであるといった事はなく多少は査定額もアップしている...

≫続きを読む

車買取で車の傷は修理すべきか

愛車の売却を検討した際にはやはり買取査定額がどのくらいであるのか気になりますよね。少しでも高額査定をつけてもらうために出来る限りの事はやっておきたいものですが、車に傷が付いている場合にはどうしたらいいのでしょうか。小さな傷であった場合にはカー用品店などで販売されているコンパウンド傷の部分を磨いてみる...

≫続きを読む